TOP > 駅調査 > JR西日本 >

湖西線 蓬莱駅 駅調査

蓬莱駅 名標

和邇 | 志賀

↓蓬莱駅の駅舎とホーム
蓬莱駅 駅舎 蓬莱駅 ホーム

改札口周辺には壁がなく、建物の中というよりも高架の下に改札口があるという感じです。
蓬莱駅 改札口

設備データ(2009年8月現在)

自動券売機

蓬莱駅 ICOCA対応押しボタン型自動券売機

みどりの券売機:なし
自動継続定期券発行機:なし

自動改札機

蓬莱駅 改札口

簡易改札機:2台(機械の下の数字は、窓口側から順に「1」「2」)

その他機器

のりこし精算機:なし
ICOCA入金機:改札外になし、改札内に1台(入12号機)
SMART ICOCAクイックチャージ機:改札外になし、改札内になし

発車標

なし

のりば乗車位置 (2009年8月現在)

1番のりば

停止位置目標 ×
3ドア用 △1△ △2△ △3△ △4△ △5△ △6△ △7△ △8△
4ドア用 ○1○ ○2○ ○3○ ○4○ ○5○ ○6○ ○7○ ○8○
2ドア用 @ A B C D E F G
設備など

2番のりば

停止位置目標 ×
3ドア用 △1△ △2△ △3△ △4△ △5△ △6△ △7△ △8△
4ドア用 ○1○ ○2○ ○3○ ○4○ ○5○ ○6○ ○7○ ○8○
2ドア用 @ A B C D E F G
設備など

駅前には「祝湖西線開通」と書かれた石造物と、蓬莱浜の彫刻物があります。
蓬莱駅 「祝湖西線開通」と書かれた石造物 蓬莱駅 蓬莱浜の彫刻物

駅の反対側(琵琶湖側)には特に出入り口はありません。
蓬莱駅 琵琶湖側

また、自動券売機について、2009年6月には古い押しボタン型が設置されていましたが、2009年8月には新しいICOCA対応押しボタン型になっていました。
左下の画像は2009年6月撮影、右下の画像は2009年8月撮影です。
蓬莱駅 2009年6月の改札口 蓬莱駅 2009年8月の改札口

↓かつて設置されていた押ボタン型自動券売機
蓬莱駅 かつて設置されていた古い押しボタン型

改札の中に入り、少し階段を上ると、2つのホームへ通路が分岐しています。また、改札内に待合室があります。
蓬莱駅 改札内の通路

また、2009年6月頃には、耐震補強工事中であったため、若干狭くなっていました。
蓬莱駅 2009年6月頃の耐震補強工事中の改札内

蓬莱駅は半径1400mのカーブ上にあるため、ホームは若干カーブしています。 蓬莱駅 ホーム

また、ホームの南端にはそれを示す曲線標が取り付けられていて、直接触ることもできます。ただ、何故か1番のりば側は古い曲線標で、2番のりば側は新しい曲線標でした。
蓬莱駅 1番のりば 半径1400mの曲線を示す曲線標 蓬莱駅 2番のりば 半径1400mの曲線を示す曲線標

1番のりばの下に「停車場中心」と書かれた蓬莱駅の停車場標が隠れてあり、2番のりばから見ることができます。側面には「24K920M」と書かれています。
蓬莱駅 停車場標 蓬莱駅 停車場標

1番のりばの北側に、湖西線25.0kmの距離標(25キロポスト)が取り付けられています。また、その時に偶然?日本海4002大阪行が近江今津方面からやってきました。
蓬莱駅 湖西線25.0kmの距離標(25キロポスト) 蓬莱駅 日本海4002大阪行



和邇 | 志賀




inserted by FC2 system