TOP > 駅調査 > JR西日本 > 保津峡駅

嵯峨野線 保津峡駅 駅調査

保津峡駅

嵯峨嵐山 | 馬堀

大自然の中にある駅です。橋の上にホームがあります。
保津峡駅

駅前にはロータリーしかありません。
保津峡駅

保津峡駅は無人駅で、駅舎内にUT50型券売機1台と簡易改札機とシャッターが閉められた小さな窓口があるだけです(ただし下の画像では窓口のところにポスターが貼られていて、窓口を使う気はないようです。)。また、駅舎の左側は柵が開いていて自由に通り抜けられるようになっていました。
そして、1番のりば(京都方面)へは階段を上り、2番のりば(園部方面)へは階段を下りて橋の下をくぐります。
保津峡駅

駅舎内から撮影してみました。
保津峡駅

駅のすぐ横には川が見えています。
保津峡駅

設備データ(2010年3月現在)

自動券売機

みどりの券売機:0台
自動継続定期券発行機:0台

自動改札機

簡易改札機:2台(機械の下の数字は、窓口側から順に「1」「2」)

その他機器

のりこし精算機:改札内に0台
ICOCA入金機:改札外に0台、改札内に0台
SMART ICOCAクイックチャージ機:改札外に0台、改札内に0台

発車標

なし

1番のりばから駅舎側を撮影してみました。
保津峡駅

2番のりばへは橋の下をくぐります。左(園部方面)に第2保津トンネル(長さ635m)が見えています。
保津峡駅

ホーム全体のうち、屋根がある部分はごく一部です。またこの屋根がある部分にベンチがありました。
保津峡駅

保津峡駅の京都寄りにも、第1保津トンネルが近くに見えています。
保津峡駅

また、ホームの京都寄りの端にも出入り口があり、以前は使用されていたようですが、現在では立ち入り禁止となっていて入れないようになっていました。
保津峡駅


嵯峨嵐山 | 馬堀




inserted by FC2 system